×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本文へスキップ

2011年2月27日、誘惑に負け祖父地図で購入(*^^*)、ノートでは2台目となるMacです!。

電話でのお問い合わせは受付ておりません(笑)。
コメントがある場合はメールでお願いします。

購 入 & 換 装Purchase & Exchanging HDD

購入 ( MacBookPro & Hdd・Windows7)

購入と換装

Mac Book Pro
★大きなカメラ屋さん
 祖父地図の親会社でしたが、売値は定価でした。また、延長保証はAPPLE CAREしかなく、少し値段面では、う〜んでした。
★祖父地図
 しかたなく、なんばからでんでんタウンへ向かい、閉店間際の店舗に入りました。店員さんとしばし、相談と会話を・・・。
売値は定価ですが、私が気にしている保証については、祖父地図独自の延長保証が可能でした。プランLやMがあり、私の購入間隔を考慮し、Mプラン(月額300円で、延長保証を1カ月前に停止申し出をすればやめることができる。ただし、2年目以降、修理費用の3割は自己負担)に決め、即買いをしました。
この延長保証が購入の決め手でした。

@参考@
Macの平均修理金額が4万5千円程度とのことですので、自己負担は1万3千円程度これに、3年分の保証料金総額が1万1千円なので、APPLE CAREの2万5千円より少しお安い感がありました。

 2013.03.21 追記
 3月上旬にmacが故障しました。修理費用は約5万9千円で、自己負担3割で約1万7千7百円でした(T_T)。
 修理内容はロジックボード交換(マザーボードのこと)でして、AppleCareでもこの対策しかないようです。
 色々調べると、ボード交換は通常では5万数千円のようですので、結果論ではAppleCareの方が良かったようです。
 最近は、ショップの延長保証が自己負担なしで1万円未満のところもあり悩みどころのようです。
 主観ですが、最近のパソコンを含めた電化製品は更新サイクルが早いため、
 設計・検証に十分な時間を割けないような気がします。
教育方針イメージ
HDD&Windows7
★PC One’s
 本体の購入が予想以上に、時間を要し気がつけば20時30分
でんでんタウンのパーツ屋さんも普通は既に閉まっています。
換装用HDDと窓は、後日かなと思いつつ、でんでんタウンを南下してますと、いつも利用しているPC One'sさんのシャッターが少しだけ開いていました。そこから店の人に声をかけると、まだ売ってくれるとの返事があり、嬉々として店内に入り、以前から目をつけていた
Toshiba MK7557GSXp(750G 5,400RPM)とWindows7(Home)をあわせて、1万9千円程で購入しました。


換装

目標イメージ

さて、
自宅に帰宅し、はじめにすることは、HDDの換装です。
Appleの説明書には、HDDの換装方法も記されており、
前回のMacBookでGooGle博士のお世話になったことを考えると、
隔世の感があります。
日本のメーカーもがんばっていただきたいものです。

箱を開け、
本体を取り出し、本体を裏返します。
右の写真の赤丸の箇所は、黄色の箇所に比べて、深いねじで固定されています。合計10カ所のねじをプラスドライバーで外すと
裏蓋をとることができます。目標イメージ

右の写真は、裏蓋をとり外した状態です。
何代か前のMacはHDD交換は素人は難しかったようですが、最近では容易になり、おまけに、配線構造も秀逸です。
価格コムで私の口コミにAppleは内部も美しいとコメントをしていただいていた方がいましたが、正にその通りです。
以前、MSIの自作ノートにHDDを取り付けましたが、
配線がスパゲッティ状態で苦労しましたので、これは嬉しいです。


その後、
DVDとHDDの間にある黒い緩衝材にある2本のねじを緩めます。その後、左下の写真のように取り外します。
また、HDDを引き出すためのビニール製テープ(青い四角で囲んだ箇所)がありますので、補助的に使用しながら、手前に引き起こすイメージでHDDを外してください(あくまで自己責任です)。
このリードテープは、きっちりと接続されたものではなく、粘着タイプのものでHDDにひっついていると感じですのでご注意ください。
右下写真は、HDDを取り外したところです。見えているねじは、Macではおなじみの星形のドライバーで外さなければなりません。このねじの突起部分は本体ある凹部分に入れ込み固定されることになりますので、この作業は必須です。
新しいHDDにこのねじを取り付け替えたら、今度は逆の作業をして本体を固定して一応換装は終了です。
時間を計ると、少し戸惑った面はありましたが、約30分でした。
えらそうに説明書に書いてあると書きましたが、後で書いてあることに気がつきました。
そんなことを知らずに「えいっ!」と本体のねじを外した無謀ちゃんでしたので、結構時間を要しましたが、
慎重な方ならもう少し短時間で換装できると思います。
※このHPをご覧の方はご理解されていると思いますが、改造はくれぐれも自己責任で行ってください。
photophoto


換装後に、
MacをDVDより起動し、
HDDが正常に認識されているかを確認しました。
左の写真のように、
Toshiba MK7559が
認識されています。

 少し、
詳しくHDDを見てみると、
HDDの回転速度などが
詳細に分かります。
無事換装できたようです。
 

information

のびたHP Annex

copyright ysd 2001-2011
ここは、HDDを換装した時等に、再セットをスムーズにするべく、手順を記したものです。